金正日の現地指導・視察

民警兵が、歩兵部隊で半月生活するよう指示された。金正日が視察に来るためである。衰弱と栄養失調のため本来の歩兵が外された。普段は空っぽの倉庫に非常用の師団予備物資を詰め込み、軍服もすべて新しいものに着替えさせた。行事が終われば糧食であれ軍服であれ、再び回収されてしまう。(『北朝鮮人民軍 生き地獄の兵営』)