生産量

以下は生産量に関するプロパガンダについての引用。

北朝鮮政府は経済統計を発表せず、あったにしても信頼できる数字ではなく、苦心惨憺して訪朝者のみならず自分たちをもだまそうとしてきた。
管理責任者が、上司に事実を伝えるのを怖がるあまり、農産物生産量や工業生産高の統計をでっちあげるのは日常茶飯事である。嘘の雪だるまはぐんぐんふくらんで組織の頂点まで達していたので、金日成が経済破綻に気付かなかったということも想像にかたくない。(バーバラ・デミック『密閉国家に生きる』)
地質学であれ農業であれ、いかなる分野の問題でも金父子が助言できないものはない。「金正日様の現場指導とあたたかな御慈愛のおかげで、ヤギの繁殖と乳製品の生産量が大いに向上しつつあります」と、金正日が清津近くのヤギ牧場を訪れた後、朝鮮中央通信社は述べた。(同書)